コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧蔵内邸

1件 の用語解説(旧蔵内邸の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧蔵内邸

筑豊の炭鉱経営で成功した蔵内次郎作と養子の保房が明治20(1887)年に建て、大正期にかけて増築された。敷地面積約7100平方メートル延べ床面積約1200平方メートル。18畳が2室連なる大広間、畳敷きの長廊下、屋久杉の天井、欄間の細工や装飾タイルは近代和風建築として貴重とされる。国登録・県指定有形文化財。競売が申し立てられていたが、築上町が1億円の匿名寄付を元手に8千万円で買い取った。

(2011-06-14 朝日新聞 朝刊 京築 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旧蔵内邸の関連情報