旧跡・旧蹟・旧迹(読み)きゅうせき

  • きゅうせき キウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔、歴史的な事件や物事のあった場所。故跡。旧蹟地。旧踪(きゅうそう)。旧址。
※九暦‐九条殿記・東宮大饗・天暦七年(953)正月二日「先例以下臈為先、而今夜以親王為先、已違旧迹」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)佐藤庄司旧跡「佐藤庄司が旧跡は、左の山際一里半斗に有」 〔史記‐河渠書〕
② 以前にある人が成し遂げた仕事とその功績。昔の業績。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉二「現政府に向って忠告するは、固より現当路者の旧蹟(キウセキ)あるを思へばなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android