コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旨・宗 むね

大辞林 第三版の解説

むね【旨・宗】

主とすること。中心とすること。 「借屋住居ずまいに質素を-とくらすものから/当世書生気質 逍遥
物事の意味・内容。物事の主旨。おもむき。 《旨》 「契約解除の-御了承下さい」 「近く上京の-を伝える」
[句項目] 旨とする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旨・宗の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷当世書生気質無縁仏仮名宗