早川 徳次(読み)ハヤカワ トクジ

  • 早川 徳次 (はやかわ とくじ)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の実業家 東京地下鉄道社長。



生年
明治14(1881)年10月14日

没年
昭和17(1942)年11月29日

出生地
山梨県

学歴〔年〕
早稲田大学法科〔明治41年〕

経歴
雑誌「太平洋」、佐野鉄道を経て、明治45年高野登山鉄道支配人となった。大正3年辞任、大隈重信に紹介されて鉄道院嘱託となり、2年間ロンドンに地下鉄の研究に赴任。帰国後の6年東京軽便地下鉄道の名で地下鉄敷設免許を申請、8年許可され、9年東京地下鉄道株式会社を創設、常務。13年専務。昭和2年日本最初の地下鉄・上野―浅草間を開通、9年には新橋―浅草間を全通させた。後社長となったが、渋谷―新橋間(東京高速鉄道)の五島慶太との経営権抗争に敗れ、15年社長を辞任した。わが国地下鉄の先駆者。

大正・昭和期の実業家 シャープ会長。



生年
明治26(1893)年11月13日

没年
昭和55(1980)年6月24日

出生地
東京市日本橋区久松町(現・東京都中央区)

学歴〔年〕
小学校中退

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和35年〕,勲三等瑞宝章〔昭和40年〕,大阪文化賞〔昭和46年〕

経歴
東京の金属細工屋ででっち奉公のあと大正元年に独立、バンドの留め金で特許を得、4年にはシャープペンシルを発明して発売、アメリカの特許も取得して事業の基礎を固める。しかし、12年の関東大震災で工場は壊滅、13年大阪に移って早川金属研究所を設立、14年ラジオ受信機の製造を始めた。昭和17年に早川電機工業と社名を変更、26年には国産第1号のテレビ受像機を完成させ、45年にシャープと社名を改めると同時に社長から会長就任。その後は身障者の雇用増進など社会福祉事業に力を尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1881年10月15日
大正時代;昭和時代の実業家。東京地下鉄道社長
1942年没
生年月日:1893年11月3日
大正時代;昭和時代の実業家。シャープ会長
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早川 徳次の関連情報