コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭[村] あさひ

2件 の用語解説(旭[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あさひ【旭[村]】

茨城県東部,鹿島郡の村。人口1万1396(1995)。東は鹿島灘,北は涸沼(ひぬま)に面し,鹿島台地の北端に位置する。台地の東端を国道51号線が通り,集落は国道沿いと大谷川流域に散在する。台地上でのサツマイモの生産と養豚を主産業としてきたが,1960年代半ばから野菜生産が急増した。現在は施設園芸と養豚が中心で,ことにプリンスメロンは全国有数の産地である。スイカや輸出用グラジオラスの球根の栽培も盛んで,ゴボウの出荷も多い。

あさひ【旭[村]】

山口県中部,阿武郡の村。1955年明木(あきらぎ)村と佐々並(ささなみ)村が合体,旭村となる。人口2322(1995)。中国山地の中にある山村で,北部に阿武川の支流明木川,南部に佐々並川が北東流し,谷底平野に集落が散在する。村役場は佐々並と明木を2年ごとに交代して置かれていたが,1994年明木に固定された。萩と山口を結ぶ御成道の宿場町として発達し,佐々並には御茶屋が置かれていた。大豆,シイタケ,エノキタケ,ユズの栽培,肉牛の飼育が行われ,特産に豆腐がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

旭[村]の関連キーワード田総百山阿武町山口県山口県立大学大眉願成就温泉岡崎権左衛門坂本喜左衛門西村五平太春洋正宗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone