旭化成[株](読み)あさひかせい

百科事典マイペディアの解説

旭化成[株]【あさひかせい】

繊維・化学の総合メーカー。1931年日本窒素肥料(現チッソ)の延岡工場を分離して,延岡アンモニア絹糸を設立。1933年旭絹織(1922年創業)・日本ベンベルグ絹糸を合併し,旭ベンベルグ絹糸に改称。1943年日本窒素火薬を合併し,日窒化学工業に改称。1946年旭化成工業に改称。1966年積水化学工業を傘下に収める。事業範囲は,合成繊維から合成樹脂・合成ゴム・食品・医薬品・医療機器・住宅・建材など多種にわたるが,1998年三菱化学と合弁会社を設立し,ポリスチレン事業を移管。また,1999年7月には食品部門を日本たばこ産業に売却している。2001年現社名。近年リストラが奏功し営業益大増幅。本社大阪,工場延岡ほか。2011年資本金1033億円,2011年3月期売上高1兆5983億円。売上構成(%)は,ケミカルズ46,住宅26,医薬・医療7,繊維7,エレクトロニクス10,建材3,その他1。海外売上比率28%。→日窒コンツェルン
→関連項目積水ハウス[株]蝶理[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android