コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭堂南陵(2代) きょくどう なんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

旭堂南陵(2代) きょくどう-なんりょう

1877-1965 明治-昭和時代の講談師。
明治10年9月15日生まれ。大阪で4代正流斎南窓,初代旭堂南陵に師事。上京して3代神田伯竜のもとで修業,帰阪して2代南陵をつぐ。「難波(なんば)戦記」「太閤記(たいこうき)」を得意とし,衰退した大阪講談をただひとりでまもった。昭和40年11月19日死去。88歳。大阪出身。本名は浅井靏造(つるぞう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旭堂南陵(2代)の関連キーワード昭和時代講談師

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android