昇華型カラープリンター(読み)しょうかがたからーぷりんたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カラープリンターの印刷方式による分類のひとつ。昇華型熱転写プリンターともいう。比較的小さな用紙で写真のようなフルカラー印刷を行うのに適した印刷方式。カラー印刷には主に液体のカラーインク(3~7色)を紙に飛ばすカラーインクジェット方式とカラーインクリボンを熱で気化(昇華)して紙に定着させる昇華型、カラートナーを使うカラーページプリンター(カラーレーザー)方式の3種類がある。昇華型は、他の方式より印刷方式がシンプルなため古くから個人用プリンターに採用されていたが、使わないインクの無駄が生じやすいデメリットがあったが、アルプス電気の製品などで改善されている。また、階調表現力に優れているため、フルカラーを使った自然画の印刷には、低価格のパーソナルプリンターのなかでもっとも適している。個人用では解像度が200~600dpiのものが主流だが、1200~2400dpiのカラーインクジェットと同等以上の印字品質を誇る。一般に、ハガキサイズのフルカラーの自然画を印刷するなら昇華型のほうが高速できれいに印刷できるほか、インクの選択の幅が大きく、たとえば、金色や銀色、蛍光色を印刷できるのも昇華型の一部の機種だけ。現在、ハガキサイズの用紙に印刷するデジタルビデオプリンターに昇華型印刷方式を採用した製品が多い。パソコンを使わなくてもデジタルビデオプリンターだけで印刷できることや、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、テレビ画像の静止画を簡単にフルカラー印刷できること、シールプリントなどもできることなどが特徴。3~6万円程度で購入できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android