明月曇寧

美術人名辞典の解説

明月曇寧

江戸後期の真宗大谷派の僧。周防生。名は明逸、明月は号、曇寧は字。真宗国光寺義空の法嗣。中国へ渡ろうとして長崎に至ったが果せず、帰途熊本に立ち寄り数多くの門人を得た。奇談逸話も数多い。書に優れ、諧謔に富んだ詩文を能くした。著書に『扶桑樹得』がある。寛政9年(1797)寂、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android