コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明月記と超新星

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

明月記と超新星

明月記には史上もっとも明るかったとされる1006年の超新星や、その残骸が、かに星雲として有名な1054年の超新星が記録されている。一部は中国などにも似たような記述が残っているが、出現した日や位置などが正確にわかる記録は世界でも明月記のみ。この情報から、爆発の仕組みや爆発によってつくられた元素がどれぐらい宇宙に広がるのかといった知識が得られる。

(2014-07-28 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android