コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治の大水害

1件 の用語解説(明治の大水害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

明治の大水害

1889年8月18~20日、台風が紀伊半島を襲い、十津川郷(北十津川村など6村)では168人が死亡した。大規模な山崩れが1080カ所であり、土砂が川をせき止めた「土砂ダム」が37カ所にできた。生活基盤を失った約2500人は北海道トック原野(現・新十津川町)に集団移住した。

(2011-12-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明治の大水害の関連キーワード雨台風伊勢湾台風紀伊半島処暑上陸台風の目東南海地震春の田村草紀伊半島沖の地震明治22年の大水害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone