コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石市花火大会歩道橋事故

1件 の用語解説(明石市花火大会歩道橋事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

明石市花火大会歩道橋事故

01年7月21日、花火大会会場とJR朝霧駅を結ぶ歩道橋上で見物客が折り重なって倒れ、11人が死亡、247人が負傷した。神戸地検は当時の明石署地域官ら5人を起訴、署長と副署長は起訴を見送った。神戸検察審査会が04、05年に起訴相当を議決したが、同地検はいずれも不起訴処分とし、昨年7月に業務上過失致死傷罪公訴時効期間が過ぎた。遺族が起こした民事訴訟では、県と市、警備会社に計5億6800万円の支払いを命じた05年6月の神戸地裁判決が確定している。

(2007-04-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石市花火大会歩道橋事故の関連キーワードグッドデザイン賞朝霧火大手花火花火師旧正月大花火大会フランス革命記念日明石市花火大会の歩道橋事故明石歩道橋事故全国花火競技大会(大曲の花火)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone