コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石歩道橋事故

1件 の用語解説(明石歩道橋事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

明石歩道橋事故

2001年7月21日、明石市の歩道橋に花火大会の見物客が殺到し、11人が死亡、247人が負傷した。神戸地検は当時の明石署地域官ら計5人を起訴し、いずれも有罪が確定。元署長(故人)と元副署長は嫌疑不十分で不起訴とされたが、元副署長は遺族の申し立てに基づく検察審査会起訴議決を受け、10年4月に全国で初めて強制起訴された。神戸地裁は13年2月、元副署長に過失は認められず、起訴時点で公訴時効が成立していたとして、有罪か無罪かを判断せずに裁判を打ち切る「免訴」を言い渡した。

(2014-02-06 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石歩道橋事故の関連キーワード明石市明石焼強制起訴明石市花火大会歩道橋事故明石市花火大会の歩道橋事故兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故兵庫県明石市明石公園兵庫県明石市上ノ丸兵庫県明石市人丸町兵庫県明石市本町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明石歩道橋事故の関連情報