明神(現神)(読み)あきつかみ

世界大百科事典 第2版の解説

あきつかみ【明神(現神)】

現に姿をあらわしている神の意で多く天皇に用いられる。〈あきつみかみ〉ともいう。天皇を神とたたえる風潮が強まるのは,7世紀の壬申の乱(672)以降で,天武,持統両朝には〈大君は神にしませば〉という歌が柿本人麻呂ら宮廷歌人により多くうたわれた。天皇を天津神(あまつかみ)の裔に系譜づける記紀神話の形成と関連しあう現象といえる。以上をうけて大宝令(701)は〈明神御宇(あきつみかみとあめのしたしろしめす)日本天皇〉などの称呼を公式に定めるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android