昏冥・昏瞑・昏迷(読み)こんめい

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐めい【昏冥・昏瞑・昏迷】

〘名〙
① くらいこと。暗くなること。くらやみ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)八・秋日長楽寺即事〈菅原在良〉「従朝遊蕩及昏瞑、料識空蓄勝形」 〔風俗通‐怪神〕
② 道理に暗くて、心が迷うこと。分別を失って迷うこと。また、そのような人。
※四河入海(17C前)二〇「内に智がなければ一切事にをいて昏迷なるぞ」 〔書経‐胤征〕
③ 気が遠くなること。気を失うこと。医学的には、軽度の意識障害の状態。刺激には反応するが、反応時間は長く、自発性に乏しくなる。この状態が進むと昏睡となる。緊張型統合失調症、躁鬱病、ヒステリーなどで、意識障害がないのに自発運動がみられない状態をさす場合もある。
※全九集(1566頃)三「地楡散 暑に中り昏迷して血痢するを治す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android