コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野焼

1件 の用語解説(星野焼の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

星野焼

江戸時代には久留米藩の御用窯として茶つぼや茶具などの名品を残す。鉄分を多く含む村内の土を使った赤茶色の「夕日焼」などの技法が有名。明治中期に一度途絶えたが、陶芸家の山本源太氏によって再興された。星野村内に3窯がある。

(2006-01-11 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星野焼の関連キーワード久留米絣久留米大学久留米久留米縞久留米躑躅東久留米八代焼新藤安平広津藍渓三谷永玄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone