星 新一(読み)ホシ シンイチ

  • 星 新一 (ほし しんいち)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期のSF作家



生年
大正15(1926)年9月6日

没年
平成9(1997)年12月30日

出生地
東京・本郷

本名
星 親一

学歴〔年〕
東京帝国大学農学部農芸化学科〔昭和23年〕卒,東京大学大学院中退

主な受賞名〔年〕
日本推理作家協会賞(第21回)〔昭和43年〕「妄想銀行」,日本SF大賞(特別賞 第19回)〔平成10年〕

経歴
父は星製薬の創業者・星一祖父は人類学者小金井良精、祖母は森鷗外の妹喜美子。幼少の頃は祖父母の家で育った。大学院中退後、星製薬に入社し、昭和26年父死去のため社長に就任したが、社業不振のため32年経営から身を引く。同年SF同人雑誌「宇宙塵」に発表した「セキストラ」が「宝石」に転載されて注目を浴び、続く「ボッコちゃん」「おーい でてこーい」も好評だったため作家となる決心をする。43年「妄想銀行」および過去の業績で日本推理作家協会賞を受賞。ショートショートの第一人者として1000以上の作品を発表、SFファンやミステリーファンだけでなく、広く一般読者層に支持された。その他、時代小説、伝記小説などでも独創性を発揮した。作品集に「人造美人」「ようこそ地球さん」「エヌ氏の遊園地」「気まぐれロボット」「だれかさんの悪夢」「午後の恐竜」「未来いそっぷ」「どんぐり民話館」など。他に父の伝記「人民は弱し、官吏は強し」「明治・父・アメリカ」、祖父の伝記「祖父・小金井良精の記」がある。また、「星新一の作品集」(全18巻 新潮社)、「星新一ショートショート1001」(全3巻 新潮社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1926年9月6日
昭和時代;平成時代のSF作家
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星 新一の関連情報