映画「パッチギ!」

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

俳優塩谷瞬が演ずる京都府立高校生の少年、松山康介と、沢尻エリカによる朝鮮高校の少女、リ・キョンジャとの恋をとした青春群像劇。少女の兄リ・アンソン役は高岡奏輔(当時は蒼佑)。高校生らの対立や、少年と少女が民族の壁を乗り越えようとする物語。「パッチギ」は「頭突き」という意味で、語源には「突き破る」「乗り越える」との意味もある。

(2017-05-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

映画「パッチギ!」の関連情報