コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

映画法(読み)えいがほう

世界大百科事典 第2版の解説

えいがほう【映画法】

映画の全面的な国家統制を目的に制定された法律。1939年(昭和14)4月5日公布(同年10月1日施行)。映画の取締りはそれまで活動写真〈フィルム〉検閲規則(1925年5月26日,内務省令)に基づく内務省の映画フィルム検閲と,各府県興行取締規則に基づく映画興行取締りが行われてきた。しかし,軍国主義ファシズム体制化の進行過程で,とくに1933年2月の〈映画国策樹立に関する建議案〉(衆議院)採択契機に,大衆的教化・宣伝媒体としての映画をめぐる統制論議が高まり,34年4月の映画統制委員会設置を経て本法制定に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の映画法の言及

【時代劇映画】より

…当時活躍した時代劇スターとしては,前出のほか,光岡竜三郎,羅門光三郎,大河内竜,阿部九州男,沢村国太郎,海江田譲二,杉山昌三九,坂東好太郎,女優では伏見直江,原駒子,鈴木澄子などがいる。
【戦中から戦後へ】

[映画法とGHQ]
 第2次世界大戦が始まって,映画法(1939公布)のもとに映画統制が激化する中,山本嘉次郎監督《エノケンのちゃっきり金太》,斎藤寅二郎監督《エノケンの法界坊》,稲垣浩監督,片岡千恵蔵主演《宮本武蔵》三部作,マキノ正博監督,長谷川一夫主演《昨日消えた男》などがつくられたが,時代劇ではなく,すでに熊谷久虎監督《阿部一族》(1938)で試みられたような歴史劇を,との気運が高まり,稲垣浩監督《江戸最後の日》(1941)や溝口健二監督《元禄忠臣蔵》(1941‐42)などが生まれて,時代劇は息をひそめていった。第2次大戦後,映画法は廃止されたが,GHQ(連合国総司令部)による規制と検閲が時代劇のうえにのしかかった。…

【日本映画】より

…而してその動員は,我国映画事業並に映画内容の現状に鑑み,国家の立場よりする統制の形態をとらざるべからざることも亦自明の理だ〉と述べた一文が見られ,国家にとって映画がいかに重視すべきものであったかをよく伝えている。こうして38年の国家総動員法公布を経て,第2次大戦の始まった39年,映画法が施行され,映画製作・配給の許可制,映画製作に従事する者(監督,俳優,カメラマン)の登録制,劇映画脚本の事前検閲,文化映画・ニュース映画の強制上映,外国映画の上映制限などが法定化された。この間,いわゆる日華事変の起こった1937年には中国東北部に満州映画協会が,映画法施行の39年には中国南京に中華電影,中国北京に華北電影が,いずれも国策会社として設立されて,国家による日本外地での映画工作が広がっていった。…

※「映画法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android