映画HOME 愛しの座敷わらし

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

映画HOME 愛しの座敷わらし

2012年4月公開。父親の転勤で東京から岩手の古民家に引っ越した一家が、生活や家族の問題でギクシャクするが、座敷わらしの存在に気付き、絆を取り戻す物語。原作は07年1~10月、朝日新聞夕刊に連載された荻原浩の小説で、直木賞候補にもなった。座敷わらしは「見た人に幸せを呼ぶ」とされ、貧困で間引かれた子どもの化身という説が一般的だ。

(2014-08-06 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android