コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日井 梅鶯(1代目) カスガイ バイオウ

20世紀日本人名事典の解説

春日井 梅鶯(1代目)
カスガイ バイオウ

昭和期の浪曲師



生年
明治38(1905)年2月14日

没年
昭和49(1974)年10月22日

出生地
千葉県鶴舞

本名
安藤 金作

経歴
14歳で春日井梅吉に入門。師の勤めで翌年上京、富士松加賀太夫の支配人を知り、春日井梅鴬の名で浪曲界に進出。昭和8年秩父重剛が東海林太郎のヒット曲「赤城の子守唄」を浪曲化し、これを口演して一躍人気を得た。その後は「越後獅子祭り」「天野屋利兵衛」「南部坂雪の別れ」、さらに「地震加藤」「残菊物語」と次々ヒット。美声と明快な節回しで売った。戦後の25年日本浪曲協会会長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

春日井 梅鶯(1代目)の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android