コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日局(4) かすがのつぼね

1件 の用語解説(春日局(4)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日局(4) かすがのつぼね

1579-1643 江戸時代前期の女性。
天正(てんしょう)7年生まれ。斎藤利三の娘。稲葉正成にとつぎ,正勝らを生む。慶長9年(1604)板倉勝重の推挙で徳川家光の乳母となる。家光と弟忠長との将軍継嗣問題で徳川家康にうったえ,家光の世子決定を実現。大奥に絶大な権力をふるう。のち後水尾天皇から春日局の称をうけた。寛永20年9月14日死去。65歳。名は福。
【格言など】西に入る月を誘ひ法(のり)を得て今日ぞ火宅を逃れぬるかな(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春日局(4)の関連キーワードセーリスルイルイ松平信康春日局春日局佐川田昌俊春日局春日局セーリス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone