コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春林宗俶 しゅんりん そうしゅく

1件 の用語解説(春林宗俶の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

春林宗俶

室町後期の臨済宗の僧。大徳寺九十八世。丹後生。咄々斎と号する。九十一世徹岫宗九に嗣ぐ。天文13年出世し、但州に円通寺を創建、また泉州堺に禅通寺を再興する。のち後奈良天皇より仏通大心禅師を賜わる。永禄7年(1564)寂、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春林宗俶の関連キーワード乾英宗單宙宝宗宇俊巌宗忍真巌宗乗拙叟宗益大順宗慎東海宗朝無学宗衍乾英宗単笠嶺宗伍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone