コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春江[町] はるえ

百科事典マイペディアの解説

春江[町]【はるえ】

福井県北部,北陸本線,えちぜん鉄道に沿う坂井郡の旧町。福井平野の中央にあり,米作のほか,明治中期から絹・人絹織物工業の町として発展。福井市への通勤者も多い。北部には福井空港がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はるえ【春江[町]】

福井県北部,坂井郡の町。人口2万1749(1995)。福井平野の中央部にあって,西端を九頭竜川,北端を兵庫川,中央を磯部川が流れる。明治以前は純農村であったが,明治中期に福井より機業技術を移入して羽二重織が始まり,昭和初期にイタリアからビスコース糸を輸入して人絹の先進地となった。1948年の福井地震で機業は壊滅し,現在は福井機業地帯の一中心地にとどまっている。近年は住宅団地の造成が進み,人口が急増,人口密度は県下最大である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android