コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春沢嵩拙

美術人名辞典の解説

春沢嵩拙

江戸中・後期の臨済宗の僧。伊予の人。春沢は道号、嵩拙は諱、はじめ全拙・梵拙とも称す。別号に金剛窟。出家後内外の学を修め、諸方に遍歴し、蘭山正隆に親近した。後、陶雲禅怡に参じ印可を受け、その法を嗣いで大分の月桂寺に住した。藩主稲葉侯の崇敬が厚く、火災にあって焼失したままの伽藍藩侯の命により三十余年振りに再建した。天保2年(1831)寂、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android