コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春沢嵩拙

1件 の用語解説(春沢嵩拙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

春沢嵩拙

江戸中・後期の臨済宗の僧。伊予の人。春沢は道号、嵩拙は諱、はじめ全拙・梵拙とも称す。別号に金剛窟。出家後内外の学を修め、諸方に遍歴し、蘭山正隆に親近した。後、陶雲禅怡に参じ印可を受け、その法を嗣いで大分の月桂寺に住した。藩主稲葉侯の崇敬が厚く、火災にあって焼失したままの伽藍を藩侯の命により三十余年振りに再建した。天保2年(1831)寂、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春沢嵩拙の関連キーワード翠岩承堅心海宗研正韵淡海昌敬大順宗慎春沢宗晃龍門宗禹活山玄旭愚堂宗哲広叔元運

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone