コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春琴・佐助 しゅんきん・さすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春琴・佐助 しゅんきん・さすけ

谷崎潤一郎の小説「春琴抄」の主人公。
大阪の薬種商鵙(もず)屋の娘琴は盲目の美女で春琴の芸名をもつ地歌の師匠。鵙屋の奉公人で付き添いの佐助は,同時に春琴の従順な夫でもある。春琴が人のうらみで顔に大火傷をおうと,その無惨な顔がみえないように,自分の眼をついて盲目となる。小説は昭和8年「中央公論」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

春琴・佐助の関連キーワード谷崎潤一郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android