春色梅児誉美・春色梅暦・春色梅古誉美(読み)しゅんしょくうめごよみ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんしょくうめごよみ【春色梅児誉美・春色梅暦・春色梅古誉美】

人情本。四編一二冊。為永春水作。柳川重信画。天保三~四年(一八三二‐三三)刊。時代を鎌倉とし、伝奇的な枠組を持つが、内実は江戸深川の花柳界を背景に描いた、写実的風俗小説。夏目丹次郎・芸者米八の恋愛を中心に、「いき」「はり」「あだ」といった近世後期の美意識を具現する人物を活写して、人情本の定型を確立した作品。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報