春藤 武平(読み)シュンドウ ブヘイ

20世紀日本人名事典の解説

春藤 武平
シュンドウ ブヘイ

明治〜昭和期の製塩家 内海塩業社長。



生年
明治17(1884)年10月25日

没年
昭和43(1968)年3月11日

出生地
岡山県児島郡八浜村(現・玉野市)

学歴〔年〕
東児高等小学校卒

主な受賞名〔年〕
黄綬褒章〔昭和32年〕,勲五等双光旭日章〔昭和40年〕

経歴
明治32年15歳で製塩業の東野崎支店に入社。以来、製塩の技術革新を志し、正7年台湾に渡って天日製塩法を実習した。帰国後、郷里岡山県の東野崎浜で製塩の改良を試み、工夫と苦心を重ねて昭和6年竹枝による枝条架式濃縮装置を考案した。その後も改良に次ぐ改良を加え、19年には枝条架式と斜層貫流式を組み合わせて流下式製塩法を編み出し、その企業化に成功。27年にはこの方法の優位性が日本専売公社に認められ、やがて全国の製塩業者もこれを採用したことにより日本における製塩の効率と生産性が大きく向上した。この間、昭和23年内海塩業取締役社長に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android