コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昨年の衆院選での一票の格差

1件 の用語解説(昨年の衆院選での一票の格差の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昨年の衆院選での一票の格差

小選挙区の最大格差は、有権者数が約20万4千人で最少の高知3区と約49万5千人で最多の千葉4区の間の2・43倍。09年選挙の2・30倍から広がり、格差2倍以上の小選挙区も45から72に増えた。国会は今年6月、定数を「0増5減」したうえで新区割りを定めた法案を成立させたがその下でも最大格差はすでに2倍を超えたと試算されている。

(2013-11-19 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昨年の衆院選での一票の格差の関連キーワード一票の格差大選挙区中選挙区一人区フランス総選挙ドイツの選挙制度一票の格差を巡る判決衆院選の一票の格差一票の格差訴訟昨年12月の衆院選の一票の格差

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone