コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昨年度の鳥インフル

1件 の用語解説(昨年度の鳥インフルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昨年度の鳥インフル

全国9県24農場で発生し、計約183万羽が殺処分された。多発の理由について、国の疫学調査チームは、渡り鳥などによりウイルスが持ち込まれた時期が例年より早く、侵入ルートも複数だった可能性を指摘する。東海地方では、昨年1月27日に愛知県豊橋市の採卵鶏農場で発生、約14万2千羽を殺処分したのに続き、2月には名古屋コーチンを扱う同県新城市の養鶏農場、三重県紀宝町の肉用鶏農場、同県南伊勢町の採卵鶏農場で発生、4件で計約46万羽を殺処分した。

(2012-02-11 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昨年度の鳥インフルの関連キーワードチリ地震国営農場農場スマトラ沖地震万羽鶴口蹄疫(こうていえき)グランドサーマルすす葉枯病(ローズグラス)ダラースポット病(ベントグラス)葉腐病(ベントグラス)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone