昭和シェル石油(株)(読み)しょうわしぇるせきゆ

  • 昭和シェル石油

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石油の精製、販売に携わる元売会社の一つ。前身の昭和石油は、シェル・グループと提携関係にあった大手石油会社であった。1942年(昭和17)、太平洋戦争下での政府の勧奨により早山(はやま)石油(1889年創業)、新津(にいつ)石油(1896年創業)、旭(あさひ)石油(1917年創業)の3社が合併して昭和石油を設立。戦後は、世界七大石油会社の一つであるロイヤル・ダッチ・シェル・グループと資本提携した。既存の川崎、新潟両製油所の拡充、合理化を進めるとともに、1957年(昭和32)昭和四日市石油を設立して、翌1958年四日市に新製油所を建設した。1964年の新潟地震で新潟製油所は全焼したが、1966年には再建に成功。その後新潟製油所は合理化の流れを受け1999年(平成11)に閉鎖、石油製品輸入基地となった。神戸、横浜に潤滑油工場をもつ。過当競争の除去を目ざす業界再編成の一環として、1985年1月にシェル石油と合併。販売高業界第4位(当時)の昭和シェル石油として再出発した。さらに2019年4月、出光(いでみつ)興産と経営統合し、出光興産の完全子会社となった。経営統合直前の資本金341億9700万円、売上高2兆4946億4700万円(2018年12月。連結ベース)。

[橘川武郎]

『昭和石油株式会社編・刊『昭和石油三十年史』(1974)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android