コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和南海地震の被害

1件 の用語解説(昭和南海地震の被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昭和南海地震の被害

1946(昭和21)年12月21日午前4時19分発生。震源は、和歌山県の潮岬沖約50キロの海面下24キロ。「日本被害地震総覧」によると、被害は中部から九州までの25府県に及び、死者1330人、家屋全壊1万1591、半壊2万3487、流失1451、焼失2598。

(2006-12-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

昭和南海地震の被害の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭和南海地震の被害の関連情報