コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和南海地震の被害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昭和南海地震の被害

1946(昭和21)年12月21日午前4時19分発生。震源は、和歌山県の潮岬沖約50キロの海面下24キロ。「日本被害地震総覧」によると、被害は中部から九州までの25府県に及び、死者1330人、家屋全壊1万1591、半壊2万3487、流失1451、焼失2598。

(2006-12-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

昭和南海地震の被害の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昭和南海地震の被害の関連情報