昴・スバル(読み)すばる

大辞林 第三版の解説

すばる【昴・スバル】

文芸雑誌。1909(明治42)~13年(大正2)刊。「明星」から出た平出修・平野万里・木下杢太郎・石川啄木らが中心。高踏的・耽美たんび的で、詩歌を主とした。森鷗外が指導的座を占め「雁」なども掲載された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android