コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼三・中三 ちゅうさん

大辞林 第三版の解説

ちゅうさん【昼三・中三】

〔昼夜ともで揚げ代が三分であったところからいう。「中三」とも書く〕
大夫・格子女郎のなくなった宝暦(1751~1764)以後、江戸吉原で最高位の遊女。散茶女郎の変化したもの。 「たどんを名玉とあざむき夜鷹を-と偽るもの少なからず/天狗髑髏鑒定縁起」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android