コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼休み短縮問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

昼休み短縮問題

県は昨年末まで、正午と午後3時からの各15分間を給与の支給対象となる「休息時間」としていた。労働基準法に基づく45分間の「休憩時間」と合わせて昼休みは正午から1時間あった。この休息時間の廃止で昼休みは45分になったが、県職員を対象に4月に実施したアンケート結果で、職員の6割強が「買い物など所用を足すには45分は短い」など、60分を希望としていることがわかった。県人事課によると、全国では40道府県が休息時間を廃止し、うち27道府県の昼休みが45分。沖縄県では60分と45分を選択できる。

(2007-05-14 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android