コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時・秋 とき

大辞林 第三版の解説

とき【時・秋】

過去から未来へと限りなく流れ過ぎて、空間とともに、一切の出来事がそこで生起する枠のように考えられているもの。時間。 「 -の流れ」 「遊びに興じて-の経つのも忘れる」
昔の時間区分。一昼夜を12等分する定時法では一時いつときが今の2時間に当たるが、昼夜を分けてそれぞれを6等分する不定時法では季節・場所によって異なり、たとえば江戸(東京)の夏至ごろの昼の一時いつときは約2時間40分、夜のそれは約1時間20分で、1時間以上もの差があった。十二区分に十二支を配し、「子の時」「丑うしの時」などということが多い。
ある幅をもって考えられた時間。
年代。時代。 「将軍綱吉の-」
話題にしている時代。その時世。 「 -の首相」 「 -の権力」
季節。時候。時節。 「 -は春」
時勢。世の成り行き。 「 -に従う」
誰かにとって都合のよい時勢。 「 -に遇う」
一点として、またそれに近いものとしてとらえられた時間。
時刻。 「 -を告げる鐘」
漠然ととらえられたある時点、または時期。 「 -には酒を飲む」
何かをするのに都合のよい時機。好機。 「 -を待つ」 「 -を見て実行する」 「 -にかなう」
(「秋」とも書く)大事な時期。 「危急存亡の-」
ある特定の動作や状態が起こる時間。おり。 「この前彼に会った-は元気だった」 「子供の-の思い出を話してくれた」
ある状況を伴った時間を抽象的にいう。場合。 「どんな服装がよいかは-と場所による」 「 -に応じた判断が必要だ」
(連体修飾句を受けて)仮定的・一般的にある状況を表す。(…する)場合。 「もし彼が不在の-には、どうするか」 「頭が痛い-は、この薬を飲むとよい」
時制じせい 」に同じ。
(「どき」の形で)名詞や動詞の連用形の下に付いて、それにふさわしい、それの盛んな、あるいはそういう状態の時間であることを表す。
時刻。時間帯。 「昼飯-」 「会社の引け-」 「たそがれ-」
時節。季節。 「花見-」 「木の芽-」 「梅雨つゆ-」
時機。機会。 「書き入れ-」 「売り-」 「引き上げ-」 → こく時しも時として時に

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

時・秋の関連キーワード安倍季政足柄峠源義光酣・闌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android