コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒(刑罰) さらし

百科事典マイペディアの解説

晒(刑罰)【さらし】

江戸時代に行われた刑罰の一種。付加刑であって,心中未遂の男女双方,女犯の所化僧(しょけそう),逆罪犯人などに科せられた。犯人を大道にすわらせて手を後ろの柱に縛り付けたり,穴晒(首に枷(かせ)をはめ,首だけ出して箱に入れ,土中に埋める)にしたりした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

晒(刑罰)の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android