コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒し・曝し さらし

大辞林 第三版の解説

さらし【晒し・曝し】

〔動詞「さらす」の連用形から〕
洗った布などを日光に当てて白くすること。また、そうした布。 [季] 夏。
晒し木綿 」の略。
野菜などのあく・辛み・ぬめりなどを除くために、流水に打たせたり、水につけたりすること。 「 -玉葱たまねぎ
江戸時代、重罪人や心中未遂の男女を人目にさらし、辱めた刑。三日を限度として、追放・磔はりつけなどの本刑に先立って行われた。
晒の合方あいかた 」に同じ。
曲名(別項参照)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

晒し・曝しの関連キーワード晒し木綿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android