晨朝・じんちょう(読み)じんじょう

大辞林 第三版の解説

じんじょう【晨朝・じんちょう】

〔「しんちょう」 「じんちょう」とも〕
六時の一。昼を三分した最初の時間。ほぼ現在の午前6時から10時頃。また、その間に行う勤行。
「晨朝の鐘」の略。 「はや引き渡す山かつら寺の-告げ渡れば/浄瑠璃・二つ腹帯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android