コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普門(1) ふもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普門(1) ふもん

1636-1692 江戸時代前期の僧。
寛永13年生まれ。真宗高田派。伊勢(いせ)(三重県)彰見寺の住職。江戸増上寺でまなぶ。のち関東の親鸞(しんらん)の旧跡をたずね,下野(しもつけ)(栃木県)高田の専修(せんじゅ)寺で「親鸞聖人絵伝撮要鈔」をあらわした。元禄(げんろく)5年9月3日死去。57歳。号は潮誉。著作に「顕教行証文類師資発覆抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

普門(1)の関連キーワードクラッセクラッセ青海島鯨墓エルンスト・アウグスト怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ケンペル当道座ジャガタラお春ハノーバーディエゴ=デ=サンタ=カタリナ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android