コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景気の山・谷の判定

1件 の用語解説(景気の山・谷の判定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景気の山・谷の判定

政府が判定の根拠とするのが、各種景気指標組み合わせた毎月の景気動向指数。これが山を記録してから最低11カ月間様子を見たうえで、有識者からなる景気動向指数研究会を開き、まずは暫定時期を設定する。さらに1〜2年の動きを見てから正式に決める。今の景気拡大が始まる直前の谷(02年1月)は04年11月に正式に決まった。今回の景気拡大期間も正式決定は数年先になる。

(2006-11-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景気の山・谷の判定の関連キーワード景気動向指数景気指標先行指標遅行指標根城引拠基調判断ACH指標SVME-購買部協会景気指数ISM指数(Institute for Supply Management)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone