コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景気の現状

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景気の現状

現在の景気拡大局面は02年2月に始まり、「いざなぎ景気」(65年11月~70年7月の57カ月間)を抜いて戦後最長。輸出設備投資といった企業活動が原動力となる一方、グローバル競争の激化賃金は伸び悩み、個人消費は盛り上がりに欠ける。今年に入り景気の変調が鮮明になり、政府は3月の月例経済報告で「踊り場」入りを宣言。7日発表する8月の報告は、景気後退局面入りの可能性を示唆する内容となる見通しだ。

(2008-08-05 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

景気の現状の関連キーワード景気動向指数(DI:Diffusion Index)景気ウオッチャー・景気ウォッチャーファイン・チューニング景気ウォッチャー調査ビジネス・サーベイ景気の一致指数景気動向指数現状判断DI景気の二面性稼動率指数県内の景気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景気の現状の関連情報