景気の長さの判断

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景気の長さの判断

正式には、経済学者らでつくる内閣府の景気動向指数研究会(座長吉川洋・立正大教授)で、様々な経済指標時系列で積み重ねた上で、景気のピークである「山」、底となる「谷」を判断する。谷から次の山までの長さが「景気拡大期」。確定には1年程度の時間がかかる。

(2017-10-07 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景気の長さの判断の関連情報