コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景気・雇用の現状

1件 の用語解説(景気・雇用の現状の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景気・雇用の現状

2日発表された日本銀行の3月の企業短期経済観測調査(短観)で、県内の全産業での業況判断指数(DI)は前回(06年12月)より3ポイント改善してマイナス36となった。前年同月比では8ポイント低い。前回比では非製造業が3ポイント改善のマイナス45となったが、製造業はマイナス11で横ばい。この6月までに全産業でさらに3ポイントの改善を予測している。高知労働局が3月30日に発表した2月の有効求人倍率は、0・51倍で、前月比0・03ポイントの上昇。昨年10月の0・44倍から徐々に上がってきているが、全国的には低水準である現状は変わらず、対前年同月比はまだ0・02ポイント下回っている。新規求人数も前年同月水準を回復しておらず、「回復基調とは言えない」としている。

(2007-04-03 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景気・雇用の現状の関連キーワード日本銀行短観日銀帳尻企業短期経済観測調査主要企業短期経済観測調査全国企業短期経済観測調査日銀短観 (大企業DI)BOJ(Bank of Japan)停滞する山陰経済日本銀行の審議委員

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone