コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景清穴 かげきよあな

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕景清穴(かげきよあな)


山口県美祢(みね)市北部、日本屈指の規模を誇るカルスト台地の秋吉台(あきよしだい)北部にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。典型的な貫通洞で、猪出台(ししでだい)西麓(せいろく)に開口し、台の北側の三角田(みすまだ)洞に抜ける。延長約1.5km。国指定天然記念物。秋吉台国定公園に属する。洞床流がみられ、低く平坦(へいたん)な天井が続く。平家の落ち武者、平(たいらの)景清が隠れ住んだと伝えられる支洞がある。景清洞とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone