コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景清穴 かげきよあな

1件 の用語解説(景清穴の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕景清穴(かげきよあな)


山口県美祢(みね)市北部、日本屈指の規模を誇るカルスト台地の秋吉台(あきよしだい)北部にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。典型的な貫通洞で、猪出台(ししでだい)西麓(せいろく)に開口し、台の北側の三角田(みすまだ)洞に抜ける。延長約1.5km。国指定天然記念物。秋吉台国定公園に属する。洞床流がみられ、低く平坦(へいたん)な天井が続く。平家の落ち武者、平(たいらの)景清が隠れ住んだと伝えられる支洞がある。景清洞とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景清穴の関連キーワード秋吉台国定公園伊佐鉱山美祢市美祢・美禰東鳳翩山美祢秋吉台サファリランドみとう美祢[市]大嶺炭田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone