コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景清穴 かげきよあな

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕景清穴(かげきよあな)


山口県美祢(みね)市北部、日本屈指の規模を誇るカルスト台地の秋吉台(あきよしだい)北部にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。典型的な貫通洞で、猪出台(ししでだい)西麓(せいろく)に開口し、台の北側の三角田(みすまだ)洞に抜ける。延長約1.5km。国指定天然記念物。秋吉台国定公園に属する。洞床流がみられ、低く平坦(へいたん)な天井が続く。平家の落ち武者、平(たいらの)景清が隠れ住んだと伝えられる支洞がある。景清洞とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

景清穴の関連キーワード秋吉台国定公園カルスト台地奥秋吉台美祢市鍾乳洞秋吉台西麓美東

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android