コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景観計画区域

1件 の用語解説(景観計画区域の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

景観計画区域

区域内に高さ13メートル超、または建築面積が1千平方メートルを超える建築物などをつくる時は、事業者は県へ事前に届け出る必要がある。県は建築物の位置や外観、色彩などが基準に適合しているか審査する。適合しない場合は、計画変更の勧告や事業者の公表ができ、色彩については変更を命令できる。届け出なかったり変更命令に違反したりすると罰則もある。景観形成重点区域は、届け出の必要な内容が高さ5メートル超、または延べ床面積10平方メートル超など対象範囲が広い。

(2011-02-21 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景観計画区域の関連キーワード建築面積建蔽率日影規制建坪メートル尺デカメートルデシメートルレッドパイン建ぺい率善光寺本堂

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

景観計画区域の関連情報