景迹・𨗈迹(読み)きょうじゃく

精選版 日本国語大辞典「景迹・𨗈迹」の解説

きょう‐じゃく キャウ‥【景迹・𨗈迹】

〘名〙
① ある人が行なってきたこと。行跡行状。経歴。きょうざく。
令義解(718)考課「凡官人景迹(きゃうしゃく)功過。応考者」
② (━する) 怪しく思うこと。不審に思うこと。きょうざく。
※長門本平家(13C前)一〇「いつしかかやうに申せば、御きゃうしゃくも有ぬべけれども」
③ (━する) おしはかること。推量推察。きょうざく。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
源平盛衰記(14C前)二一「其の分にもあらぬ人を隠さんとて、仏法修行の身をや痛すべき、ただ御𨗈(ギャウシャク)と云けれ

きょう‐ざく キャウ‥【景迹・𨗈迹】

花鳥余情(1472)五「の文の𨗈迹(キャウサク)の二字をば形迹と釈せり。人の行跡のすぐれたるをいへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android