コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智洞(1) ちどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智洞(1) ちどう

1728-1779 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)13年生まれ。浄土真宗本願寺派。京坂にでて真宗学をまなぶ。郷里の能登(のと)(石川県)菅原の明専寺住職となり,菅原智洞とよばれる。のち加賀(石川県)養法寺に転じた。安永8年死去。52歳。字(あざな)は信誓。号は如達,鏡花坊。著作に「勧導簿照」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

智洞(1)の関連キーワード享保

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android