コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智聡(1) ちそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智聡(1) ちそう

?-? 6世紀の渡来人。
善那(ぜんな)の父。欽明(きんめい)天皇23年(562)大伴狭手彦(おおともの-さてひこ)にしたがって呉(中国)から来日。仏典儒書・薬書・明堂(めいどう)図(鍼灸(しんきゅう)のつぼを図示した人体像)など164巻,仏像,伎楽(ぎがく)調度などを持参し,日本に初めて医学書をつたえたとされる。知聡ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

智聡(1)の関連キーワード渡来人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android