コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智頭町古文書

1件 の用語解説(智頭町古文書の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

智頭町古文書

横浜市にある神奈川県立金沢文庫所蔵の「称名寺文書」(1342年)の中の称名寺領千土師郷(智頭町那岐地区)に関する部分。この古文書に注目した智頭町民らが「『七人の侍』は鎌倉時代の智頭町那岐地区が舞台」との仮説を基に実行委員会をつくり、10月の催しを企画した。「七人の侍」の著作権を持つ東宝は「舞台の町とはっきり打ち出さないこと」を条件に、催しでの上映用に同作のDVDを提供した。

(2007-11-18 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

智頭町古文書の関連キーワード神奈川金沢文庫金沢実時相模湖称名寺神奈川大学横浜市立大学島田翰関靖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone