コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智頭町古文書

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

智頭町古文書

横浜市にある神奈川県立金沢文庫所蔵の「称名寺文書」(1342年)の中の称名寺領千土師郷(智頭町那岐地区)に関する部分。この古文書に注目した智頭町民らが「『七人の侍』は鎌倉時代の智頭町那岐地区が舞台」との仮説を基に実行委員会をつくり、10月の催しを企画した。「七人の侍」の著作権を持つ東宝は「舞台の町とはっきり打ち出さないこと」を条件に、催しでの上映用に同作のDVDを提供した。

(2007-11-18 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android